オイル交換

エンジンオイルとは?

信頼のブランドとの提携でさらにハイクオリティに。

潤滑
シリンダー、ピストンリングなどの金属同士の摩擦を油膜でおさえます。
清浄
エンジン内部に発生する鉄粉や燃えかすなどの汚れを包み込みます。
衝撃吸収
ピストンなどの衝撃をおさえて振動や異音の発生をおさえます。
密封
ピストンとシリンダーの間の隙間をふさぎ、パワーロスを防ぎます。
冷却
燃焼や摩擦で高温になるエンジンの熱を冷却します。
防錆
水蒸気などによる錆を防ぎます。

こんなトラブルが!?

エンジンオイルは、使用しているうちに砂ぼこり・金属摩耗粉などの不純物の混入や、燃料を燃やした時に生じるススや水分の混入、未燃焼燃料の混入、添加剤の消耗などにより、徐々に性能が低下します。

エンジンオイルの取り替えを怠りますと、エンジンの摩耗が進行し、エンジンに傷・異音を発生させます。さらには、エンジンの焼き付きなどの原因にも繋がります。

交換時期の目安

5,000km、または6ヶ月のどちらか早い方で交換をお勧めします。

※ オイルは距離を走っていなくても時間の経過とともに酸化します。

  • 5W-30オイル 800円(1L)
  • 10W-40オイル 1,000円(1L)
  • 5W-40オイル 1,500円(1L)
  • 10W-60オイル 3,000円(1L)

交換料金の目安

作業工賃 弊社にてオイルをご購入された場合、工賃は無料です。

※車種により金額が異なる場合がございますので、詳しくはお問い合わせください

エンジンオイルの分類の見分け方

エンジンオイルの見分け方として、どのような環境(季節や温度)で使えるかを表す粘度記号があります。

  メリット デメリット
低粘度オイル
(サラサラ)
・低温での始動性が良い
・燃費向上に貢献する
エンジンの保護性能は
高粘度オイルより弱い
高粘度オイル
(ネバネバ)
・高温でもエンジンをしっかり保護する
・静粛性に優れている
燃費は低粘度オイルの方が良い